手縫い」タグアーカイブ

【FULLBRIDGEdesign】Galuchat Bespoke Round Wallet Hand Stitch Inner Ostrich/ガルーシャ黒(ポリッシュ) スターマークセンター取り・フルオーダーメイド ラウンドファスナー長財布 内装ネイビー牛革 x オーストリッチ白(最高級フルポイント・クイルマークプレス仕上げ)/オールコバ(切り目)本磨き仕上げ xハンドステッチ(手縫い)/領収書入れ付、小銭入れなし

厳選したスターマークが美しすぎるガルーシャ皮革のポリッシュタイプを贅沢にセンター取りしました。センター取りは当たり前ですね。。

.

FULLBRIDGEが考えるスターマークの配置は、通常正面のド真ん中に持ってきますが、それではなんだか普通すぎてセンスを感じません、スターマークを少し下側にズラして配置致します。お客様との打ち合わせでご説明ご相談お伝え致します。

.

もちろんこういった事に何も正解はないので、無限に考えられると思います。きのう新しかった考えは、今日になればもう古い考えなのかもしれません。変わらない為には変わり続けなければいけません。いけないと言うか自分がどういった方向に変わりたいと思っているかですね。

↑スターマークを然り気無くチラっと見えるくらいが大人の考え、スタイルなのではないかと私は考えています。定番のスタイルや考えは例え有名なハイブランドがロングコンセプトで考案したデザインや考えでも、私がセンスがないと思えば違う考えやデザインをご提案致します。とりあえずド真似が大嫌いです。

ガルーシャ皮革は人間の歯や骨と同じ素材のリン酸カルシウムに覆われており、ガルーシャの表皮はとても硬く、通常ステッチを入れるとガタガタに波を打ってしまい綺麗にステッチを入れる事は世界レベルで困難と言われています。

.

超有名ハイブランドのガルーシャのバッグやガルーシャのお財布でもガタガタに縫われており、もちろんガルーシャ皮革とステッチの色は同じ色で縫われています。ガタガタがバレちゃいますからね。そこまで見ているお客様は居ないのだと思います。

.

お客様皆さんブランドのマークだけで買っているのだから。世界レベルで難しい事、FULLBRIDGEではステッチを綺麗に入れます。この技法は社外秘となります。お客様は白色の糸を選びました。綺麗に縫わないと糸色が目立ちます。他社では出来ない、自信があるから糸色を目立たせているのです。

角も美しくステッチが流れる様に入っています。ガルーシャ皮革も削ったところのバリなども綺麗に取り、とても滑らかでスムースな仕上がりになるまで丁寧に手作業で1つ1つ細かく細心の注意を払いながら仕上げていきます。

   

カード段には然り気無くFULLBRIDGEdesignが入ります。

とても手間のかかる作業の連続です。究極を追求しますとイメージは出来たとしても、時間との戦いと、多くは自分の強い気持ちが必要です。

.

仕上がった際細かく見ると、ここが大変だったな~などと思いながら息を呑み、やって良かったと思える納得いく仕上がりになり、早くお客様にお見せしたいと言う気持ちになります。

   

お客様はコバインクはネイビー色を選択しました。オーストリッチは白、コバインクはネイビー、少しでもネイビー色のインクが、はみ出せばオーストリッチは白なので目立ってしまいます。インク塗って乾かして、磨いて、またインク塗って。。この繰り返しを1週間繰り返します。ずっとずっと細心の注意が必要となります。オーストリッチが入るところ全てにフルポイントで入っています。贅沢な仕上がりです。

  

ファスナーはイタリア製FULLBRIDGE別注をインストール。スタイリッシュでロングコンセプトデザインとカラーコーディネートでトータルコーディネート致します。

    

ご用命ありがとう御座います。

小銭入れとセットです。

小銭入れも仕様ブッ飛んでいますねw

ブッ飛んでいるから感動は大きく、だから手間も大きいw 世の中何事にもこの様な事はだいたい比例しております。底面はガルーシャなので置いても汚れにくい考えです。

表面はオーストリッチ白なので汚れに気を付けてくださいねw

内装はコインで汚れるので、ネイビーの牛革にしましょうと打ち合わせで話しました。勇気がある方は内装もオーストリッチ白で承りますのでご相談ください!笑

.

内装もガルーシャにしたい?ってw笑 それ、あー大変w 出来なくはないですが、小銭入れのコインを入れるところにスターマーク、蛇腹のところにもスターマークを入れる。

.

ほーほー、お客様、、ガルーシャを何枚使う気でしょう? そんな方でも承りますw。

.

打ち合わせは楽しいので長いと5時間コースですw

どこまでもお付き合い致します。全てはお客様の感動を越えた興奮するフルオーダーのモノ作りの為に。

.

どこにも真似の出来ない、どこにも存在しない本物の唯一無二な1点モノ。。そしてセンスあるロングコンセプトデザイン&カラーコーディネート。ご用命お待ちしております。またガルーシャ皮革は世界レベルで色数多くストックしております。

.

時計ストラップからクラッチバッグ、お財布、小銭入れなど、、考えられるアイテム全て、、ご相談くださいませ🙇お待ちしております。

【ブログ更新しました】真の唯一無二の時計ストラップとは。縫い目が美しい仕上がり菱目打ちハンドステッチ(手縫い)されたクロコダイルやオーストリッチ。その他素材ガルーシャや世界最強皮革のイバラエイ(梅花皮・カイラギ・スタースティングレイ)まで選べる素材や色豊富です。

時計ストラップ(ベルト)は、腕時計を更に魅力的に引き立てるアイテムです。ストラップを交換しただけで、時計の雰囲気が格段にセンス良く変わります。

↑ヴィンテージロレックス(ROLEX) x (グレージング・シャイニー・シャイニング)艶ありtypeのヒマラヤクロコダイル。シャイニーのヒマラヤクロコダイルは世界でもレアです。因みにエルメスバーキンでのシャイニーヒマラヤのスペシャルオーダーで設定はありません。

↑超シンプルなstyle。

ネイビーの牛革にホワイトステッチ。超普通な牛革ストラップでも丁寧な菱目打ちだからこそ美しく存在感ありな仕上がりに。

.

時計ストラップまで本気なフルトータルコーディネートを考える上級者的お洒落な人はその日の気分でストラップを変えたり、時計を変えたり、ファッションで色を変えたり、ビジネス、夜飲みや週末プライベートで変えたりと、ビジネスではNGな色で遊んだりステッチの色を変えたりと、想像しただけで何本も作りたくなってしまうかと思います。

素材はオーストリッチ、クロコダイル、ガルーシャ以外でもまだまだ色々選べる素材。

↑他社で製作出来ないHUBLOT(ウブロ)・ウニコ x 金具移植 x ガルーシャ x グラデーションコバ仕上げ x ウブロ純正Dバックルのセッティング。

↑AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ オフショア) x 金具移植 x ガルーシャストラップ x アフターダイヤモンド。

   

PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)、PANERAI(パネライ)、AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ)。

.

ガルーシャは硬く削り込みと個々の時計に合わせたセッティング、また純正Dバックルに合わせたセッティング、削り込みまで出来ないと製作は難しいです。+センス。

↑AUDEMARS PIGUET(オーデマピゲ) x FULLBRIDGEオリジナル製作削り出し(AP向け)金具移植 x イバラエイ・梅花皮/カイラギ・(スタースティングレイ、スティングレー)ストラップ。

.Vacheron Constantin(ヴァシュロンコンスタンタン) x 金具プレート埋め込み(強化) x 純正(ステンレスベルトから)Dバックル移植 x 社外ネジ留め。

.

素材や色と選べるその数は豊富です。糸(ステッチ)、やコバインクの色変えまでしてトータルコーディネートを楽しめます。ネットで調べまくったお客様でも他社と比べると弊社は選べる内容が多く沢山あると実感して頂けると思います。

↑菱目打ちで丁寧に綺麗に美しく斜めに(エルメスの様に)手縫いで仕上げます。手縫いでここまで綺麗に仕上げられるブランドは世界でも数える程度かと思います。

.

お客様がご満足いただけれるモダン&ラグジュリアス、唯一無二でスペシャルな他では出来ない自由でわがままな組み合わせのストラップをご提案ご提供いたします。 是非お問い合わせ、ご相談くださいませ。

FULLBRIDGE Design

問い合わせ時間11:00~21:00/不定休

電 話 048-796-4099

メール office@fullbridge.jp

世界一高級な財布・世界で最も高額な財布・世界一希少価値の高い皮革で作った財布とは??/イバラエイ(梅花皮/カイラギ)・スターガルーシャ・スタースティングレイ x クロコダイル腑合わせ/フルオーダーメイド(ビスポーク)/日本ブランド・フルブリッヂ(FULLBRIDGE)

左は世界レベルで希少価値の高いイバラエイ(梅花皮/カイラギ)皮革を贅沢にセンター取りしたラウンドファスナー長財布。

右はサイズに似合ったクロコダイル皮革をセンター取りしたラウンドファスナー長財布。

ーーーーーーーーーーーー

世界一高級な財布

世界で最も高額な財布

世界一希少価値の高い財布

.

海外では4,500個以上のダイヤモンドを表面にデザインし、ピンクダイヤモンド、イエローダイヤモンドなどをデザインイアウトしたお財布も存在する様です。金額は3億円オーバー。

.

そのデザインはハート型で女性向きで日常的ではありませんでした。どちらかと言うとエレガントなパーティー向けです。

.

.

世界一と言わなくても、最高級な素材を使い誰もが求めているお財布と問いかけると、上質で洗練されたデザインで少しだけ個性的でありながらも日常的でビジネスでも十分使える面構えでありながらも、プライベートでも使えて自分に似合った収納力もある事。

.

この辺りは押さえておきたい要望かと思います。

.

.

そうするとカードを入れる枚数、お札入れの収納力や大きさ厚み、お札は3種類別で分けたい、小銭入れは別が良い、ファスナーの向きは、素材、色、ステッチの色、コバの色、大きさ、全体の厚みなどなど….個々に1つ1つ拘ると100%フルオーダーメイドになってしまいます。

.

またここまで1つ1つ拘って作ると製作側のセンスやデザイン、サイズ感、仕上がりにも期待値が高まってきてしまうのが普通の考えだと思います。

そうなると、例えばその製作側のホームページを見て、先ずギャラリーを拝見し製作事例が沢山載っていないと、ご要望が多いお客様ですとどこまで作れるのかなど振り幅が心配してしまうかと思います。

.

でも弊社フルブリッヂでは、先ず時計ストラップからお伝えすると他社では製作出来ない時計ストラップも依頼を受け製作しております。

.

クロコダイルやオーストリッチはもちろん、ガルーシャからイバラエイ(梅花皮/カイラギ)まで。しかも特殊加工や金具移植が必要なオーデマピゲ、リシャールミル、ロジェ・デュブイや切り込みが入ったストラップまで承っています。

話はお財布から時計ストラップにズレましたが、

世界一高級な財布

世界で最も高額な財布

世界一希少価値の高い財布

をオーダーしようとしている人がいたら、かなりの確率で時計(加工が難しい)が好きな人が多いです。ですのでフルブリッヂはお財布と加工が難しい時計ストラップの素材や色を合わせたりする事も可能です。これはほんの一例を言っているだけです。

気になった方はバッグ、お財布、時計ストラップ、その他と製作事例が多く載っていますのでギャラリーを観てください。

.

因みに今回のお題の様に

世界一高級な財布

世界で最も高額な財布

世界一希少価値の高い財布

で言うと、先程のダイヤモンドやカラーダイヤモンドを表面に4,500粒以上も留めて必然的に3億円オーバーと言う高額になる事をしなくても、それに勝る財布を作れるかと言うと作れなくはないです。

.

なぜ言い切れるかと言うと弊社では、レアストーンを使ったハイジュエリーのフルオーダーメイドも承っているからです。

.

また世界レベルで希少価値の高いイバラエイは世界で月に1匹捕れるか捕れないかと言われている国宝レベルでもあり、また絶滅危惧種国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにおける野生絶滅の高い危険性(危急種)がある為、野生個体数が減少しており危急種にも指定されている事も付け加えておきます

.

日本国内の水族館でも2ヶ所に1匹ずつしか確認されていません。本気でダイビングを長年しているお客様数人に聞いても見た人は周りにいないと言うレベルです。

.

皮革の中で一番高価などとクロコダイルが世間一般では言われていますが、正確に言うとイバラエイが皮革の真の王様なのです。

同じ大きさで比較しても金額はクロコダイルの3倍~4倍です。まさにイバラエイこそが真の“KING of leather”なのです。イバラエイは世界レベルで希少価値が高く、先程も言いましたが世界で月に1匹水揚げされれば良い方だとも言われています。

.

世界レベルで希少価値の高い皮革、イバラエイ=別名梅花皮(カイラギ)の、最も美しい状態、程度の皮革を入手する事はとても難しいですが、弊社では厳しい目利きで超厳選して入手出来るルートを確保しているからです。

またイバラエイの表面は人間の歯や骨と同じリン酸カルシウムで覆われており、とんでもなく固く工程や調整などする場合はまるで歯を削って噛み合わせを確認しながら調整する歯医者と同じくらい色々とサイズ調整する際は手間がかかり、完成するまで1発勝負です。弊社がやっている事はどこでも出来る事ではありません。また弊社ではハンドステッチを綺麗に真っ直ぐ入れて、インナーのクロコダイルの腑は全ての腑を綺麗に合わせます。これも1発勝負となります。正確に言うと一発勝負なので十分に考えて決めるまでの時間を多いに掛けます。簡単に考えただけですと失敗します。何事も決まらなければ慎重に十分に考え、決まれば慎重さと大胆さも必要なアイデンティティーです。

.

『世界レベルのレアストーンハイジュエリーのフルオーダーメイド』 x 『世界レベルのレアエキゾチックレザーのフルオーダーメイド』

が出来るので、フルブリッヂでは

世界一高級な財布

世界で最も高額な財布

世界一希少価値の高い財布

を製作出来ると言い切れるのです。

.

例えばですがブラジルパライバ州産の極上のネオンブルーの内包物が少なめで照り強めなパライバトルマリンとダイヤモンドをイバラエイ表面にセンス良くちりばめ特殊な技法で留めるとなると、『それはイバラエイの星がパライバトルマリンとダイヤモンドの美しい輝きで最強の天の川となる』これは想像しただけでもとんでもなくクレイジーなお財布が創造出来ます。

お客様とオーダー打ち合わせから製作工程を考え、縫製、デザインやレイアウト全てをセンス良く纏め上げられるところは世界でも出来るところは極端に数は少ないと思います。

.

でもパライバトルマリンはモース硬度が7.0-7.5なのでイバラエイの表面の表のみ留めて注意して使って頂きたい。

.

これは難しいけど物理的には出来ると言う世界レベルで難易度高めなフルオーダー打ち合わせでは、お客様も私もずっと興奮状態で、なかなかアイデアが広がり過ぎて直ぐには纏まらなさそうと想像してしまいます。

.

でも最終的にはお客様も私も1mmもブレない意味のあるデザイン、アイデア、センスでお纏めます。今まで纏まらなかった打ち合わせはありません笑。

.

世界一高級な財布 x 世界で最も高額な財布 x 世界一希少価値の高い財布=『世界一ヤバいフルオーダーメイドの財布』

ご興味ある方はお問い合わせください。

フルブリッヂにルールやメニューはありません。

真の唯一無二を“0”から想像致します。

One Card Only Case.Galuchat(CAVIAR type) Bespoke.Roughly Style Hand Stitch.KobaStyle/1枚カードケース.ガルーシャ(スティングレイ.エイ皮革)キャビア タイプ.フルオーダーメイド.ビスポーク.コバ切り目仕上げ.ハンドステッチ(粗めピッチ幅仕上げ)

ガルーシャは他の皮革にはない魅力的な表情をしています。その反面、他の皮革と比べ物にならない程、固いので加工や全ての工程において他の皮革とは別物です。フルオーダーで依頼を承け、仕上げられるところは少なくガルーシャは特に労を費やします。 

ガルーシャとは、エイの事。

このガルーシャの表面には人間の歯や骨と同じ成分のリン酸カルシウムで覆われています。その表面は固くとても丈夫です。慣れていない製作した事がない職人が加工すると、真っ直ぐ切断するだけでも一苦労です。

今回のご依頼はボツボツした表面をそのまま生かしたキャビアタイプ、色は国内レアなネイビー色のガルーシャ皮革から製作しました。

 インナーはHERMESオーストリッチのクイルマークなしのスムース部分を使用。コバインクはヨーロッパ有名ハイブランド御用達のインクを独自調合し更に丈夫なインクに仕上がっています。コバインクはインナー同様ピンクでファッショナブルで個性的なカラーコーディネートで仕上がっています。

.

ガルーシャのコバの断面もボコボコしている関係でコバインクもその面に合わせて塗らないとボコボコした凹のところにインクが流れていってしまいます。

インクを気を付けながら塗らないといけないのでキャビアタイプは色々と手間と時間がかかります。コバインクはもちろん乾いては磨いて、また塗って。その繰り返しによりここまで綺麗に磨きあげていきます。

.

時間はかかりますがここまでコバ面をやると、面に1つもスジなどなくなり、どこを触ってもツルツルになり丈夫な仕上がりになります。ここまで時間をかけて丁寧に仕上げるところはそこまで多くはないと思います。

当初の打ち合わせではステッチなしと言う依頼でしたが、丈夫に作ってくれと言うリクエストがあったので、ステッチを入れないと物理的に作れないので、少し粗めですがそれの方がステッチが目立たないので、「粗めのピッチ幅で手縫い仕上げ」と最終判断でお客様に提案しました。

.

通常のハンドステッチ(特殊加工)を入れると溝を切るので色々と目立ってきますので当初のイメージとは変わってきてしまいます。その辺りはオーダー時に合わせてご相談ください。

 

両サイドにはFULLBRIDGEオリジナルの定番仕様デザインですが切り目を入れる事によってカードの出し入れ時にテンションを逃がす仕様となっています。

そうする事によって口部分はヘタれず長持ち致します。

FULLBRIDGEのフルオーダーメイドにルールやメニューはありませんが、小さいカードケースでスターマーク入り、センター取りとなると他の取り方を考えてはみますが、必然的に今回の仕上がりになってしまうでしょう。

.

でも残ったガルーシャ皮革と完成したのを面積差で比べるととても贅沢な取り方をしていると改めて思ってしまいます。

ご用命頂きありがとうございます。